ビルマネジメント・総合清掃・設備管理・警備などを行う総合管理業株式会社共同 求人情報掲載中!

共同の取り組み

企業としての社会的取り組み

企業としての社会的取り組み

株式会社共同は、創設より40年以上ビルメンテナンス(建築物の環境衛生管理・清掃・警備・防災・駐車場管理・保全・設備の運転・点検、維持管理)・マンション管理業務などの業務を行ってまいりました。これからも皆様に快適で衛生的な環境をお届けするべく、弊社は一層の研鑽を重ねてまいります。実施しております社会的取り組みをご紹介いたします。

男女共同参画社会

~ワーク・ライフ・バランスで仕事に活気、生活にゆとりを~

男女共同参画社会

静岡県で平成19年4月より「男女共同参画社会づくり」の取り組み宣言の手続きを開始し、当社も男女共同参画社会づくり宣言しております。 当社の男女共同参画社会づくり宣言についてはこちらをご覧ください

次世代育成支援対策推進法」に基づき子育てサポートのために、「一般事業主行動計画」を策定しています。

※一般事業計画は、県労働局に届出を行い、厚生労働省及び(財)21世紀職業財団の開設する「両立のひろば」に当社の取り組みをアップしています。是非、ご覧ください。

外国人技能実習制度

開発途上国等には、経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国の進んだ技能・技術・知識(以下「技能等」という。)を修得させようとするニーズがあります。我が国では、このニーズに応えるため、諸外国の青壮年労働者を一定期間産業界に受け入れて、産業上の技能等を修得してもらう「外国人技能実習制度」という仕組みがあります。この制度は、技能実習生へ技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。

平成5年に創設されたこの制度は、以降平成28年末までに延べ約160万人を受け入れており、全国に約22万人が駐在しています。制度の対象職種は74種133作業(H29.4現在)であり、ビルクリーニング作業は平成28年4月に追加され、平成29年5月よりベットメイク作業も追加になりました。

外国人技能実習生の受入れ

外国人技能実習生の受入れ

当社では、この制度を利用しベトナムより技能実習生を受け入れることになり、平成29年8月と平成30年10月、令和2年度にはフィリピン技能実習生が加わり合計6名が就業しております。
技能実習生たちは、送り出し機関にて日本語はもちろん、日本の受入れ企業で行う作業の基礎学習や文化や生活習慣・交通ルール等多岐にわたる教育を受け日本にやってきます。まずは1ヶ月専用研修センターで実践訓練を積み、受け入れ企業に配属になります。その後8ヶ月後に行われる検定に向け技術の習得のための訓練を重ね、技能検定に挑み、基礎級ビルクリーニング技能士の称号を受けます。
当社でもベトナム一期生・二期生共にこの称号をいただき2年間更に技術の習得を行っています。今後も先輩・後輩として切磋琢磨しながら技術・品質の向上を目指しています。

ベトナム人やフィリピン人にとって日本は憧れの国であり、技術習得し母国に持ち帰り若きリーダーとして国の発展に寄与したいと思っています。私たちにとっても国際協力・国際貢献の一環として非常に意味のあるものです。弊社では、「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)に則り、技術の習得が円滑に行われる環境を整え、研修・実践を通して技能実習生の熱意に応えてまいります。

特別支援学校への取組み

特別支援学校への取組み

当社では、職業生活に必要な力を養い、将来への見通しを持ち、自分の進路を考えさせたいという学校側の思いと、より多くの若者にビルメンテナンスの役割や必要性等を知ってもらい職業の選択肢を提供したいとの弊社の思いが合致し、特別支援学校高等部の生徒さんの職場実習の受け入れや出張清掃教室を行っています。
生徒さんが卒業後に社会参加、社会自立をするため進路指導の一環として行う教育ですが、当社業務を通じ自分の適性や社会人になるための課題を見つけ、自覚と成長の一助となるよう見守り、ビルメンテナンスへの理解の機会の提供を行っていきます。

産業現場実習の受入れ

高等部の1~3年生が職場実習として前期・後期でそれぞれ2週間ほど当社清掃業務を体験し、「仕事」として清掃することはどのようなことか、を学ばれます。実習される生徒さんはそれぞれ自分の目標を持って課題に取組みます。慣れない環境の中でも一生懸命作業を行う姿には非常に心を打たれます。指導する側も真剣に向き合い、体調や進み具合に合わせフォローしていきます。これからも実習を通して生徒さんの自立を促し働く力が育つよう応援していきます。

受け入れ状況

受け入れ状況

2008年 7月

袋井特別支援学校高等部3年生

2008年 10月

袋井特別支援学校高等部3年生

2009年 6月

静岡北特別支援学校高等部1年生

2010年 6月

静岡北特別支援学校高等部3年生

2010年 11月

浜名特別支援学校高等部2年生

2012年9月

浜松特別支援学校高等部2年生

2013年2月

静岡北特別支援学校高等部1年生

2016年1月

浜松特別支援学校高等部1年生

出張清掃教室

支援学校高等部では卒業後の就労先として、近年は製造業以外でも幅広く選択肢を広げられ、サービス業の学習や更にビルメンテナンスにも取組まれています。現在校内でビルメンテナンス班を作り、先生や生徒さんが環境整備としてのビルメンテナス業の理解を深められるよう模索されています。そんな皆さんの手助けになればと、当社では清掃の出張教室を行っています。清掃の意義や手順、技術面など、当社のビルクリーニング技能士が直接生徒さんに指導しますが、生徒さんの集中力や理解力には本当に驚かされ、指導している私達も力が入ります。
この清掃教室がその後の学校生活に役立ち、卒業後の就業選択の一つになれば幸いです。

浜名特別支援学校での様子

ウエスのたたみ方実習

◎講義中・・・ウエスのたたみ方実習

自由箒の使い方の実習

◎自由箒の使い方の実習

階段清掃の実習

◎階段清掃の実習

スクイジーを使ったガラス清掃の実習

◎スクイジーを使ったガラス清掃の実習

障害者就労応援団

障害者就労応援団

当社は「静岡県障害者就労応援団」に加盟し、障害のある人が障害のない人と同様、その能力と適性に応じた雇用の場に就き、自立した生活を送ることができるような社会の実現を目指し、雇用を推進しています。当社スタッフに同行した作業や、現場へ配属し現場スタッフと共に就業し、課せられた課題をそれぞれのペースに合わせ乗り越えていくことで人間性を高めるなど、職場実習を通じて社会的自立への支援をしています。
それぞれのニーズに応じた職場へ受入れ、健常者と障害者が分け隔て無く共に働ける明るい職場作りに取り組んでいきます。

ゼロ災運動推進宣言事業場登録

ゼロ災運動推進宣言事業場登録

当社では中央労働災害防止協会が提唱するゼロ災運動に参画し、働く人の立場に立って人間一人ひとりを大事にし、一切の労働災害を許さず、ゼロ災害・ゼロ疾病を究極の目標に、職場の危険や問題点を全員参加で解決することで明るくいきいきとした職場風土づくりを目指しています。
取り組みの一環として当グループでは労働安全衛生大会を毎年開催し、「皆で取り組めリスク管理 目指そう職場の安全安心」のスローガンのもと、全従業員に対し労働安全に対する啓発を行っています。

暴力追放事業所

暴力追放事業所

近年、暴力団のような反社会勢力は、資金調達のためにその姿を装い一般企業にも忍び寄っています。弊社はその標的にならにならないよう、また、万一不当な介入があった場合に備え「静岡県暴力追放運動推進センター」に加入しています。暴力団や悪質クレーマー対策、一般防犯の見地からもこのようにコンプライアンス上必要な対策を講じることが必要と考えます。暴力団を利用しない、恐れないなど、安全な職場環境の実現は、ひいては地域に対する社会貢献の一助にもつながるものとして推進して参ります。

大切なお客様へのお約束 eラインリクエスト

eラインリクエストとは、弊社の担当者が契約先のお客様に対し怠慢行為をとった場合、リクエスト(苦情)として、専用のアドレスへパソコンや携帯電話よりメールで送信いただけるシステムです。
弊社担当者が次のような場合はメールにてご連絡ください。担当者ではなく会社窓口として『品質管理課』が承ります。

・お客様のご要望に対し何の回答もしていない
・電話をしてもでない、折り返しもない、連絡が取れない
・約束したことが守られていない
・是正の姿勢が見られない      ・・・など

受信後、お客様対応係が出向きお話を伺います。
担当者より明確な改善方法が提示され、実行・報告されるまで会社として追及・確認していきます。お客様と㈱共同が良好な関係を構築していくためのお約束です。

eラインリクエスト

<こちらのカード(A4サイズ)を予めお客様担当者にお渡しさせていただき、いつでもご連絡いただけるよう保管していただいております。>

お問い合わせはこちら
Copyright(C) KYODO CORPORATION All Rights Reserved.